テルノグ

文章もお絵描きも、かきたいときだけかく。

金銀融通の神頼み

穴八幡宮に、御札を御返しに向かった。
昨年2018年12月のことだ。

この神社は金回りの融通してくれる=金運を上げるご利益があることで有名だ。


新しい長財布をおろしてスタートした2018年、この年は基本給のアップや、何かとタイミング良く欲しいものを手に入れられたりしたので、ご利益があったと言える。そう思うことにしている。
なので、そのご報告とお礼というわけだ。

あいにく雨な上に境内の外まで列が続く大混雑だったが、一年間財布に入れていたポータブル御札をお返しして、新しいものを受けることができた。

観光案内を貼っておく。
http://www.tokyo-jinjacho.or.jp/shinjuku/5442/


さて、年が明けて一月以上過ぎ、家計簿が続かなかったことに対する振り返りを行おう。

まず、家計簿をつけなくなってしまった後の自分の状況だ。

端的に言うと、浪費が増えた。
こんなに抑えられないものか!?ってほど浪費が増えた。
当然貯金もゴリッゴリに減った。

メンタル的には大分ストレスが貯まっていた時期と重なるが、とにかく何を理由にしたり言い訳にしても、浪費が数字で出てしまっていた。
内訳は色々あるが、月収の4分の1は浪費に使っていた。

それが11月、12月、1月と続いた。
見直した1月末に、これはやばいと、止まっていた家計簿を引っ張り出して来た次第である。

「家計簿続かないから、続く方法を考えなくては~笑」ではなく、今すぐとにかく浪費を防がねばいけない、という現実に向き合うことになった。

一つ、確固たる有力な抑止力は、数字だ。

クレジットカード明細に書かれた次回の引き落とし額
口座の残高
ケータイの使用料

これらだ。
否が応でも誤魔化しがきかない、数字だ。
「え!?今月こんな引落しされんの!?」の衝撃といったらない。

これらから目を背けることのないようにすることで、「いや、今月あの額引き落とされるからお金遣ったらまずい」という抑止力になる。

数字だ。
とにかく数字を見ることにする。
なぜ続かないかはまた続かなかったときに考えることにして、わたしはバレットジャーナルに1月の出費をすべて書き出し、2月分の「ずんの家計簿」を作った。

このまま浪費を続けていたら、貯金どころではない。ここで気付いて振り返る気持ちを持てたことこそが、お参りの御利益かもしれない。

この持論を正当化するためにも、本当に改善をしたいところだ。

【バレットジャーナル 22】続かなかったら潔く飛ばす

f:id:teruno_boo:20180911002955j:plain

 

バレットジャーナルでつけている「ずんの家計簿」。

いいかんじに続いてたのだが、7月―11月と、さぼってしまった。

サボったという定義は、バレットジャーナル(紙)に毎日つけられず、月末に一気につけることになった、としている。完全になにもやらなくなってしまったわけではない。

 

 

 忙しくて気力が足らずに1か月経過してしまった7月

 フリマ的な、レシートのない買い物を沢山した8月

 めちゃくちゃ忙しくなって社畜いていた9月-10月

 ただでさえ忙しいのに人事の作業が上乗せになった11月…

 

レシートも気力もなければ、家計簿はつけられないので、この7月8月は作成さえしなかった。作成しなくては…と義務感を生じさせると9月もつけられないまま終わりそうだったので、9月から再開する!!!!と決め、いさぎよくスキップした。

スキップしてもいいかと割り切れた背景は2つある。

  • 併用していたアプリがあったこと
  • 再開すると決めてそれを守る自信があったこと

家計簿アプリを、紙の家計簿をつける前からずっと使っていたことがあり、クレジットカードはオートでアプリに記録されるため、安心できた。

アプリはこれだ。

 

zaim.net

 

また、6か月家計簿をつけてきて、バレットジャーナルの中のコンテンツとして残してあるため、やり方はアタマに入っており、すっと再開できるという安心があった。

実際9月はしっかりフォーマット通りに家計簿を作ることが出来た。
しかし、サボりはした。

 

そう、サボるのだ。再開したはいいが、すぐに未記入が溜まる。

それが9月~11月。週イチでつけられていたはずが、いまや月2が良いところ。

 

 9月に家計簿を再開はしたが、10月~11月は忙しくて気力が湧かず付けられなかった。

その間、絶えず「家計簿つけられてないなあ…」と思いながら2か月過ごしていた。わたしの場合はこの「家計簿つけられてないなあ…」が負担になる。

 

ので、より忙しくなることがわかっている12月は、

すっぱり紙の家計簿をつけるのをやめることにした。

ただし、アプリの家計簿は付けて、収支の記録は残しておく。

 

使ってるアプリはこれだ。

zaim.net

 

仕事ならやむを得ないが、金策としての家計簿は、「過ぎたこと」を取り戻すよりは、今の貯金額を計算し、そこをスタートとして、今このときから使える上限を決め、これから発生する金額を記録していけば、前に進めるのだ。

家計簿の目的は、収支を把握することであり、つけることそのものではないのだから。

 

こんなエラそうに書いておきながら、12月は家計簿を省略する宣言をしているわけだが、再開は前と同じようにはしない。

 

再開したはいいが、すぐに未記入が溜まる。それが実際起きたのだから、今のやり方は「時間に余裕があるときしかできない」方法なのだ。

今のやり方では、忙しいとスキップするし、再開してもレシートが溜まる。

週イチで一週間のレシートを記帳していたのだが、うまくいかなかった。

つまり週イチがわたしに合ってないということだ。

 

この「合ってない」と気づいてやり方を変えるのがポイントで、わたしは再開するときは週イチでなく週2くらいにしてみようと考えている。

あまりにレシートが貯まってると休みの貴重な時間を家計簿に費やすのが嫌でサボるし、実際時間がかかる。週2ならそこまで時間はかからない。

 

12月中は家計簿をつけない。

 もし、過去ちゃんとつけられなかったことが、家計簿を続けられないかも、という気持ちにさせるのなら、それは違うとわたしは思う。

いつだって再開していいのだ。

つけられなかったからといって、これから何もしてはいけないというわけではない。

 合ってるやり方を探すべくやり方を変えればいいのだ。

 

 12月は忙しい。イベントも多い。

最低限の家計簿をつけて(わたしの場合はアプリ)、来年のお金の記録方法について、また検討して行こうと思う。

 

zaim.net

 

 

2018年の手帳を確保


f:id:teruno_boo:20181023091712j:plain


ピンク
ブルー
サーカス柄

悩んだ末に、来年2018年のほぼ日手帳はカラーズ「ピンク」系に決めた。

正直、サーカス柄のメインに描かれているメリーゴーラウンドは好きなモチーフだし、眺めるたび新しい「ミッケ!」がありそうなカバーはとても魅力的だった。

なので、来年の手帳カバーにどれを選ぶかとても悩んだ。どれを選べば、一年の相棒としてそばに置いて使っていけるだろうかと。


結果的に、わたしは写真の通りピンクを選んだ。その理由について少し書こうと思う。


決め手は、「頭も部屋もごちゃごちゃしているので、何も考えないと頭が休まる。だから柄なし」だった。

管理者という立場を与えられて半年経っていたわたしは考えることが急増しており、一方決して変わらない限られた時間の中で苦しんでいた。疲れていた。
持ち物の柄にさえノイズを感じているほどに。

タスクが降ってきて途方に暮れたとき、手元の、2018年のほぼ日手帳の明るい緑を見つめて一旦落ち着こうとしたことを思い出した。

これが柄のある手帳だったら、見つめなかったかもしれない。

サーカスはとても好きな柄で、カバーだけでも買ってキープしておきたい気持ちなので、本当にそうするかもしれない。
だけれど、余裕のない今、そして来年を考えるとき、手元に手帳として持ちたいのは、優しいピンク色の、柄のないカバーだった。

思わぬ疲労が露呈してしまったが、来年また手帳を選ぶときは、気に入ったカバーを瞑想アイテムにすることなく、タスクをポンポンさばいて、好きな柄を手元に置ける精神を培われている年にしたいものである。

ここだよ!ここ!