テルノグ

文章もお絵描きも、かきたいときだけかく。

心が決まったのでジブン手帳Bizを購入した話

 2018年向けのバーチカルタイプの手帳を購入した。

バーチカルの原点であるクオバディスの手帳と随分迷ったが、実物を見ることができなかった。実際に手に取ってみて、1時間ロフトで迷っていたが(不審者)、ジブン手帳Bizを買って帰ってきた。

 
f:id:teruno_boo:20170924210259j:image

 

ジブン手帳Biz購入の理由 

自分の仕事を俯瞰で見て、計画や見積もりに役立てたり、タスク管理をうまくできるようになりたいため、バーチカルタイプの手帳を使いたかった。別記事でバーチカル手帳練習の様子は書いているので割愛するとして、主に以下の点が購入の決め手だ。

  • 手帳の紙と相性がいい文房具の情報が手に入りやすい
  • ユーザーによる使い方情報が手に入りやすい(情報発信している人が多い?)
  • 公式ガイドが親切だった
  • 手帳に関する書籍を読んで、やりたいことをやるのにピッタリだった
  • サイズが今の練習用バーチカルと同じで移行しやすそう
  • バーチカルのウィークリー部分だけ欲しかった
  • A5スリムってどんな大きさよ?と思ったが手に取ったら重くもなく良さげ
  • なんか使ってみたかった

 

 

 理由はたくさんあるが、使ってみたい!!これが一番大きい。

 まだバーチカルタイプのウィークリー手帳の使い方をマスターしたわけではない。けれどタイムテーブルのようにバーチカルにログを残す作業を続けているうちに、なにをどうしたら良いかわかんない!!という恐怖は薄れた。同時にほぼ日手帳にも1日1ページ書くという仕事用手帳とプライベート手帳の両立が2週間ほど続けられている。これはイケルのではないか!?と思える程度には、バーチカルに慣れてきた。

慣れる、習慣になる、やって当たり前になる。このステップを引き続き踏んで来年に向けて準備を続ける予定だ。

 

手帳会議 今後の議題

 手帳が2冊になることで、手帳会議も連日開催されることになる。メインのバーチカル部分の使い方の方針はあるが、その他の、オマケページ…やりたいこと100だとか、ガントチャートだとか、年間カレンダーだとか、そういうところが全く手付かずだ。

 

ジブン手帳はDIARY(これがバーチカルタイプ)、LIFE(人生イベントをメモって行くものらしい)、IDEA(方眼メモ)の3冊が束になっているタイプの手帳だ。

www.kokuyo-st.co.jp

が、わたしはLIFEとIDEAの役割をほぼ日手帳とデジタルツールに任せる使い方を考えている。

 

 マンスリーは前回の記事に書いたが、わたしは自分の目標や、やりたいことを実現するための振り返りのためのツールを手帳以外にもいくつか使っているので、新たな種類の手帳を1つ加えたことで、1つ1つのツールの役割を改めて見直し、ルールを決める予定だ。

 

 これらのルールは、バレットジャーナルにまとめていきたいと思っている。

バレットジャーナルの記事は今後書く予定だ。バーチカルが安定してから本格的に取り組もうと思っている。習慣化は1つずつ。2つ同時に習慣化させるのは挫折しやすいからだ。

 

ふと、このブログは、自分が実践する工夫の公表・宣言と、うまくいってもいかなくても結果報告、というスタンスになりつつある気がした。

このジブン手帳を買ってほぼ日手帳2冊を使っていく宣言が、最終的にはうまくいった報告ができるよう、トライ&エラーをして行きたいと思う。