テルノグ

文章もお絵描きも、かきたいときだけかく。

9月の筋トレ結果報告

9/1から、日常生活は変えずに、筋トレだけ追加しての減量を試みた。

具体的な作戦は以下の通り。

 

メニュー:

  • 体幹トレーニング ダイエットプログラム(約15分間)
  • 基本毎日、基本食事の前。1駅ウォーキング帰宅後そのまま実行に移る
  • 飲み会や終電などで難しい日はストレッチメニューのみ
  • とにかくサボらずメニュー1つでも実行する。
  • 毎日体重計に乗る(記録されるので数値はこの時見なくていい)
  • 実行したらほぼ日手帳のマンスリーに★シールを付ける。

 

 

上記で、1か月2キロ、年内で8キロ減を目標にしていた。

つまり、9月内に2キロ減という目標だ。

下旬は非常に立て込んでしまい、連続で5日ほど筋トレできなかった日があった。

 

結果としては…

 

f:id:teruno_boo:20170930232813j:plain

 

1キロ減

 

目標達成ならず…!

 

目標は未達成に終わったが、実はあまり悲観していない。

筋トレの内容は「体幹トレーニング」のため、すぐに結果が出ないことはわかっていた(本に書いてあったので)。

もともとわたしは筋肉量(骨格筋率という)が24.2%しかない。わたしの生態的に平均は26%以上だ。

どれくらい少ないかというと、背伸びするだけで筋肉痛になるような貧弱ボディだ。このボディ改造のため、筋トレを続けることを目標にしていたようなものなので、数値で結果が出ることはあまり期待しなかった。

わたしにとっては、30日中24日間も筋トレを実施できた事実が喜ばしい。

 

 ここでくじけてやめてしまってはいけないので、

数値よりも、筋トレの習慣をつけることを目標にする。

通勤ウォーキングは習慣になった。

筋トレももうすぐ身につくはずだ。

 

10月もこのメニューを継続することとする。

  • 体幹トレーニング ダイエットプログラム(約15分間)
  • 基本毎日、基本食事の前。1駅ウォーキング帰宅後そのまま実行に移る
  • 飲み会や終電などで難しい日はストレッチメニューのみ
  • とにかくサボらずメニュー1つでも実行する。
  • 毎日体重計に乗る(記録されるので数値はこの時見なくていい)
  • 実行したらほぼ日手帳のマンスリーに★シールを付ける。

 

1か月2キロ目標を達成するか、骨格筋率が平均に達したら、「この方法で実際に結果が出た」とみなし、参考にした体幹トレーニングの書籍を紹介したいと思う。

頑張るぞ。乞うご期待。