テルノグ

文章もお絵描きも、かきたいときだけかく。

考えたくないときに無意識に頭にものを溜め込む

f:id:teruno_boo:20171018222013j:plain

誰しも、意識が高まっているときには

ここを改善しようとか

次はこうしようとか計画を立てるわけだが

どうしても気分が乗らないときは

そのどれもこれも実行できないで

自己嫌悪をする。

 

そして、失敗したことをアタマのどこかに追いやって

別のことを考え始める。

 

部屋の片づけや、勉強や仕事と同じで、

ゴチャゴチャとさせておけば

なんとなく忙しいということにして

問題に向き合わなくてすむと無意識に思っている。

 

片づけやシンプルライフが「取り組む」「取り入れる」ものになった現代、

片づけたい、シンプルにしたいと思うほど、アタマの中もゴチャゴチャするようになり、部屋の中と同じようなことが起きているのではないか。

 

わたしの場合は、過剰に「やらなきゃいけないこと」を作り出すクセがある。勿論、わざわざやらなきゃいけないことを作り出さなくても、やらなくてはいけないことはたくさんある。

 

けれど、わざわざツイッターを隅々まで(RT出回ってきたバズワードに連なっている煽りツイートや真面目なリプライにも)目を通したりしていた。

そうして、雑多な情報をアタマに入れて忙しいふりをしていた。

 

またある時は、興味がなくはないが今は必要のないキーワードで検索をして、出てきた雑多な情報を読みふけったり、セール中のビジネス書のKindle本を買ってみて「これをやってみようかな」などと考えたりする。

 

そうしてアタマの中に情報というものを溜め込み、本当は考えなくてはいけない、向き合わなくてはいけない、そして体を動かさなくてはいけないことから目をそらしている。

 

何か欲しくなって買っても、すぐ不要になるのも、同じような精神状態の時なきがする。

部屋の中、机の上の物体(モノ)と同じで、

アタマの中も溜め込んだものが溜まっていく。

 

何か気分が乗らなかったたり、時間を無駄にしているときは

きっとそういう、他にやらなくてはいけないことから逃げたい時だ。

無駄に溜め込まないよう、何ができるだろう。

 

その方法は、まだわからない。

検索したところで、また不要な情報をため込んでしまうだけなのなら、しないほうがいい。

 

早く寝てしまうか、ウォーキングでもしよう。

あるいは、こうして思ったことをブログに書き出すのも良いのかもしれない。

季節が変わりやすい今日この頃の、夜に思う。