テルノグ

文章もお絵描きも、かきたいときだけかく。

【バレットジャーナル 13】家計簿を追加した…が。

f:id:teruno_boo:20171012010929j:plain



 

11月になったから始めたこと。

バレットジャーナルに家計簿を追加した。

 

先月の半ばにこんな記事を書いていた。↓

 

www.terunobu.online

 

有言実行、10月の収支を振り返り、11月からつけられるアナログ家計簿をバレットジャーナルに追加した。 

アナログ家計簿の参考にしたのは、上の記事でも紹介しているが主婦づんさんによる「づんの家計簿」だ。

用紙を上下に分け、上にひと月の収支予定、下に出費を書いていくというもの。

これをやってみた。

 

f:id:teruno_boo:20171104204057j:plain

 

やってみた正直な感想:

めんどくっさ!!!!!!

 

いや、づんの家計簿が面倒なのではなく、面倒なのはわたしじしんに問題があった。

収支を付けるのは全く問題ないのだが、上部のひと月の収支を調べて書き込むのが非常に手間だった。

その手間な理由の大部分はクレジットカード決済した月跨ぎの出費だ。

知ってた。

 

カードは3枚。引き落とし日は10日と27日。

カードとは別に口座引き落としが2件。

これだけで発狂しそうなほど面倒くさかった。

 

逆に、これらの収支を意識せずに使っていたことになるわけだが、クレカ決済はしない方がいいな…って思うほど手間とアタマを使った。

 

それでもなんとか、正確な貯金額を出し、固定費とそれ以外とで予算を組み終わった。

 

バレットジャーナルに追加したのはアナログ家計簿だが、1年半つけ続けているアプリ家計簿があったから整理ができた。

データはアプリで蓄積、アナログは収支を強く意識するためのもの、という感覚だ。

正直このアプリを使っていなかったら、わたしはアナログ家計簿もつけられないだろう。何にどれくらい遣ったかをずっと蓄積してきたアプリだ。教えてくれた友人に大感謝である。

 

使用アプリはこちら。

zaim.net

このアプリの良い点

  • カードと銀行が登録できるので、引き落としがある場合は通知がくる
  • カテゴリを自由に設定できる
  • 月のはじめを自由に設定できる(給料日を集計のスタート日にできる)
  • アプリとwebサイト両方からアクセス可

 

このアプリのイマイチな点

  • 同期が遅く、カードを利用した際の引き落とし額が反映されるのが遅い
  • ログインがよく切れる(セキュリティの問題上妥協)
  • カテゴリが自由に設定でき過ぎて、細かく分けると混乱する

 

もしかしたら、このアプリがあるので、バレットジャーナルの家計簿は上半分しか要らないような気もしている。

f:id:teruno_boo:20171104210530j:plain

ひとまず11月いっぱいやってみて、また振り返ることにしよう。

クレカ決済を減らせば、面倒くささも減るかもしれない。

手探り状態は続く。