テルノグ

文章もお絵描きも、かきたいときだけかく。

手帳のバーチカル恐怖症を克服する【13】ジブン手帳を開いてみる

11月からだと勘違いしていたジブン手帳、12月始まりだったので、まだ使えない。

いざ12月になって今の練習用バーチカルからうまく引き継ぐためにも予習をしておこうと思う。

ジブン手帳はバーチカルタイプのウィークリーを備えており、それ以外は使う予定が今のところない。マスや罫線の違いとかあるし…どんなもんだろうと開いてみたら内容の充実ぶりに驚く。

 

f:id:teruno_boo:20171109214141j:plain

 ※★印が使う予定のもの

 

・週間バーチカル型スケジュール ★
・ブロック型月間スケジュール★
・月間プロジェクト(見開き2か月分)いわゆるガントチャート
・3年分カレンダー
・年齢早見表
・年間スケジュール
・2018年の夢
・お金の計画
・一週間の計画
・日本地図
・お気に入りの言葉
・おすすめリスト
・本リスト
・映画リスト
・貰い物リスト/贈り物リスト
・約束したことリスト
・今年の振り返り
・個人データ

 

 

 

コンテンツ多くない!?

こんなに使えなくない!?

使えないことなくなくない!??

 

勿論、すべて使わなくていいことはわかっている。

いるのだが、そこはそれ、あるのに使わないのはもったいないと感じる貧乏性であるのと、用意されているのに「使えない」と感じてしまうネガティブ精神によって、使わないページが多い=駄目な自分…と、自己評価を下げてしまうのだ。

 

めんどくさいやつだな!!!!!(自分が)

 

なので、

わたしには使えない

わたしには必要ない

わたしは使えないのではなく使わないのよ!!!!!

not for Me!

 

…くらいの自己暗示脳内変換をするために、各コンテンツを使わない理由付けをして行こうと思う。

 バレットジャーナルで実施しているコンテンツもあることだし。

タイトルつけるのが難しくなってきたけれど、基本的にはバレットジャーナル寄りかな…

 

と言いながら、ジブン手帳にバレットジャーナルのコンテンツが持っていかれる可能性もあるし、 うまく共存できる可能性もある。更にほぼ日手帳と競合するコンテンツもあるかもしれない。

近々、バレットジャーナル、ジブン手帳、ほぼ日手帳の三冊首脳会議を開こうと思う。

手帳会議カテゴリを作った方がいい気がしてきた。